葬儀をするなら〜サヨナラは親族で密なカタチで〜

funeral

葬儀のカタチ

coffin

葬儀とは、「葬儀式」の略であり、葬式とも呼ばれています。葬儀は亡くなった人の冥福を祈り、別れをするための儀式です。葬儀の方法はいくつかあり、お寺や堂内、葬儀場で行われる堂内式や露地式と呼ばれる外での葬儀があります。火葬場や土葬で行われる三昧式や自宅で行なう自宅式も葬式と呼ばれています。一般的とされているのは、堂内式と自宅式の2つになります。この葬儀に加え、密葬や本葬がありますが、密葬は近親者のみで行なう場合がおいです。最近では、火葬場まで一般の会葬者が来ることがあまり見られなくなり、親族だけで行なう形が増えてきています。なので、告別式では主に焼香を行ない、葬儀と告別式を別で行なうのが一般的となっています。現在では、葬儀を専門に行なう会社増えてきており、スムーズに葬儀や告別式を行えるようになりました。葬儀会社に依頼すれば親族の負担も減りますが、その際、ご住職との連絡は親族が行なうので、忘れずにしっかり連絡しましょう。

最近では葬儀の形は変わってきており、家族や親族の限られた人だけで葬儀をするのが多く見られます。家族や親族といった僅かな人数で行なう葬儀を「家族葬」と言い、会葬者へのおもてなしなどをする手間がなくなります。葬儀会社でも家族葬のためのプランなどもあるので、家族葬でお別れを蜜に行ない人たちには適しています。葬儀には費用も多くかかりますが、家族葬の倍は費用を抑えることも出来ます。葬儀は亡くなった人への祈りとお別れをする大切な時間ですが、費用がかかれば良いというものではありません。なので、料理や礼品の費用がかからない家族葬は、必然的に費用を抑えることが出来るのです。奈良や京都にお住まいの人で、家族葬を考えている人はネットなどで調べてみると良いでしょう。直接プランを見たり、電話をかけることも出来ます。

家族葬

coffin

葬儀の中でも、親族のみで行なう葬儀を「家族葬」と言います。親族以外の人が参列した場合は、家族葬とは呼びません。会葬者がない点がメリットで、忙しく会葬者にお礼する手間がありません。

Read More

コンパクト

coffin

家族や親しい人だけでこじんまりと故人の見送りをすることができる、家族葬という名前の新しい葬儀形式を選ぶ人が増えてきました。家族葬プランを取り扱っている葬儀業者がいますが、50〜70万円の費用で葬儀を営むことができます。

Read More

葬儀プラン

coffin

奈良県内で営業している葬儀社の中には、家族葬などの新しい形式の葬儀プランを専門に提供している業者が存在しています。何かとメリットが多い葬儀形式であるため、今後家族葬を選ぶ人がさらに増加していくだろうと考えられています。

Read More

Copyright © 2015 葬儀をするなら〜サヨナラは親族で密なカタチで〜 All Rights Reserved.